MENU
\ 最大10%ポイントアップ! /

薬屋のひとりごと壬氏と猫猫は結婚する?ラブラブ?二人の今後について

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩んでいる人

薬屋のひとりごと壬氏と猫猫は結婚するんですかね!?!?

と、気になっている人にぴったりの記事となっています。

薬屋のひとりごとは中高生をはじめとして、今勢いのある作品ですよね。

アニメが放送されてからさらに人気になり、現在2クール目が放送されています。

そんな薬屋のひとりごとには、壬氏と猫猫という2人の男女ペアが登場します。

くっつの?くっつかないの?と歯がゆい関係に読者もやきもちが募っているはずです。

私もその内の1人です(笑)

今度、壬氏と猫猫は結婚するのでしょうか・・・?

そこで今回は『薬屋のひとりごと』の、

・壬氏、猫猫のプロフィール
・2人の関係
・よくある質問集

について詳しく調べました。

サテラ

最後までぜひ読んでみてくださいね!

目次

薬屋のひとりごと壬氏と猫猫は結婚する?

壬氏のプロフィール

名前:壬氏(じんし)
年齢:公称では24歳
性別:男性
誕生日:不明
職業:宦官

壬氏は後宮を取り仕切る宦官として、後宮で起こる問題を調査・解決しています。

東宮や公主、妃たちが次々に弱っていく謎や、木簡に色を付け外部と連絡を取る諜報紛いの事件など、次々に起こる後宮の事件や謎を猫猫とともに解明していきます。

燃えた色付き木簡と焼けた衣服が落ちていた謎は、徳妃・里樹妃の暗殺未遂疑惑へと発展。

焼けた衣服を着てやけどを負っているであろう犯人を、猫猫を使って内密に探ろうとしました

壬氏の声を演じているのは、2020年の第14回声優アワードで新人男優賞を受賞した大塚剛央さんです。

大塚さんのほかの代表作には「機動戦士ガンダム 水星の魔女」ラウダ・ニール役、「【推しの子】」アクア役などがあります。

またドラマCD版では櫻井孝宏さんが壬氏の声を務めました。

2人とも、イケメンを演じたら右に出る者はいないくらいのイケボですよね♡

悩んでいる人

イケメンの壬氏を演じるのは大塚剛央さんしかいませんね!(笑)

猫猫のプロフィール

名前:猫猫(まおまお)
年齢:17歳(かぞえ年)→18歳
性別:女
誕生日:不明
職業:下女、薬屋

猫猫は花街で生まれ、娼館の妓女にかわいがられて育った少女です。

薬師である養父に教わったことで薬の豊富な知識を持ち、毒や薬に異常な興味を示します。

他人にはあまり関心を持っていませんが、薬師の知識と深い洞察力により、結果的に人助けをする機会を多く得ています。

基本的に誰に対しても無愛想で、出世欲がなく、親しい人の前では思ったことを率直に口に出します。

普段は温厚ですが、怒ると花街仕込みの口の悪さを発揮して、相手を殴りつけるなど手が出ることも。

ちょっとひねくれたところもあり、ほかの妃嬪付きの侍女を悪ふざけで脅したり、寄ってくる壬氏を冷たい目でにらみつけたりすることもあります。

花街育ちでありながら色恋には疎く、壬氏が色目を使ってもまったく意識することがありません。

それどころか、意図せずに壬氏を逆なでする言動も多く、周りを呆れさせたりハラハラさせたりしています。

猫猫の声を演じるのは、悠木碧(ゆうき あおい)さんです。

悠木さんは、小説「薬屋のひとりごと」9・11・12巻の特装版に付属しているドラマCDでも猫猫の声を演じました。

猫猫以外の代表作には「魔法少女まどか☆マギカ」鹿目まどか役、「幼女戦記」ターニャ・デグレチャフ役などがあり、2011年度の第6回声優アワードで主演女優賞を受賞。

4歳から子役として活躍し、声優デビューは小学5年のときの「キノの旅-the Beautiful World-」のさくら役。

2017年にリニューアル制作された同作品では、主人公のキノ役を演じました。

悩んでいる人

実力派の悠木碧さんが猫猫を演じているんですね!

壬氏と猫猫の関係は?

気になる壬氏と猫猫の関係ですが、まだ恋人になっていません。

猫猫は事件や薬に関しての知識はとても多く賢い人物です。

人の顔色や言葉にも細かく反応することができるので、色恋に関わることに関しても敏感だと思いますが実はなかなか鈍感なんです(笑)

壬氏の猛アタックやアピールも、猫猫の前では全く歯が立たず…。

壬氏も周りもハラハラドキドキで、時にため息を吐きたくなるようなこともあります。

そんな全く進展がない2人は、キスをしたことがあるでしょうか?

キスをしたことがある?

ついに小説版の第5巻で2人はキスをします。

「関係が全然発展しないな~」と半ば諦めかけていた読者はドキドキしたことだと思います。

今まで頬にキスをしたり間接的にキスをしたりと、甘酸っぱい距離感での発展は少しずつ展開されてきました。

小説第5巻ではドキドキするような展開が繰り広げられたのです。

甘くてラブラブな展開に発展するかと思いきや、全く猫猫には相手をされずすぐにいつもの軽い雰囲気に戻りました。

しかし、ついに壬氏と猫猫が直接唇にキスをしたということで度肝を抜かれた読者も多かったと思います。

プロポーズをしたことがある?

度重なる後宮の難事件を解決し続けた壬氏と猫猫。

壬氏の方が猫猫に惚れているのですが、恋人になるという過程をすっ飛ばしてプロポーズをしてしまったことがあります。

壬氏は男らしく猫猫に「お前を妻にする!」と言ってしまったのです。

最初の頃は「女が苦手」という割には猫猫のことは気に入っていましたよね。

不器用でちょっと鈍感な壬氏ならではの、かっこいい男らしいプロポーズと言えます。

猫猫はプロポーズを快諾してはいませんが(笑)「妻にする!」とはっきり伝えたことで、猫猫も壬氏を1人の男性として意識を始めていれば良いですね。

このプロポーズは小説版の第7巻で読めるので、どんなシチュエーションでプロポーズしたのかは小説で確認してみてください!

サテラ

いきなりプロポーズするなんて・・・壬氏が本気で猫猫を好きという気持ちが伝わります♡

薬屋のひとりごと壬氏と猫猫の結婚について【よくある質問集】

ここでは「薬屋のひとりごと 壬氏 猫猫 結婚」について、よくある質問をまとめました。

壬氏 猫猫 キス

薬屋のひとりごとには、原作の小説と漫画2種類があります。

原作の小説版では第5巻でキスシーンがありますが、漫画版は2種類ともにまだありません。

「壬氏と猫猫はどんなキスをしたの!?」と気になる人は、ぜひ原作の小説を読んでみてください!

壬氏 猫猫 名前 呼ばない

実は壬氏は猫猫の名前をほとんど作中で呼ばないんです。

なぜ呼ばないかと言うと、それは恥ずかしいからです(笑)

なんともツンデレな壬氏らしい理由だと思いませんか?

好きな子の名前を素直に呼べないイケメンなんて・・・素敵すぎます!

また、出会って最初の頃から今まで「薬屋」「お前」などと呼んでいたから余計に「猫猫」と呼ぶのは今さらな気がするのかもしれません。

いつかは堂々と「猫猫」と呼んで欲しいですね!

猫猫 壬氏 ラブラブ

猫猫と壬氏は原作ではラブラブのような関係ではありません。

イチャつく様子も見られないので、ラブラブになるのは想像がつきませんね(笑)

いつも猫猫がさらりと壬氏の猛アタックをかわしているイメージがあるからか、猫猫が壬氏に甘えている姿も想像ができないです・・・。

いつかはラブラブになるのでしょうか?

薬屋のひとりごとの二次創作の中には、猫猫と壬氏のラブラブイチャイチャしたイラストや漫画を見ることがあります。

ぜひ、2人がラブラブしているところを見たい人は二次創作を調べてみてください!

猫猫 壬氏 子供

猫猫と壬氏の間に子供はいません。

というのも、まだお互いに相思相愛になっていないので子供がいないのは当然でしょう(笑)

もし、そういうステディな関係になれたなら・・・読者としては嬉しいですよね。

これから、猫猫と壬氏は結婚するのでしょうか?

それとも結ばれない・・・?

展開がもどかしいところです。

壬氏 猫猫 キス 漫画

残念ながら、まだ壬氏と猫猫のキスシーンは漫画では描かれていません。

もし描かれるとするならきゅんきゅんするに違いありませんね!

とても楽しみです!

悩んでいる人

壬氏と猫猫のキスシーンがすごく気になります!!

まとめ:薬屋のひとりごと 壬氏と猫猫が結婚するかも!?

最終結論ですが、薬屋のひとりごとの壬氏と猫猫は結婚していません!

もしかしたら結末的にするかもしれませんが、今は結婚する兆しは全くありませんね。

しかし、キスをしたり壬氏がプロポーズをするなど・・・猫猫と壬氏の関係は明らかに発展しています。

2人の関係性は作品の醍醐味となっていて、時は焦れったいシーンに読者はやきもきしっぱなし!

仕事では息がぴったり合い素晴らしいチームワークを見せますが、恋愛面ではちぐはぐなのがもう・・・応援したくなります。

物語の最初よりかは、確実に2人の関係は良い方に育っていってるのでこれからの進展に期待が高まりますね。

薬屋のひとりごとはとても面白い作品ですので、ミステリー×恋愛×中国古の後宮が舞台の重厚な物語をぜひ読んでみてください♡

サテラ

恋愛だけじゃなくて、いろいろな要素も含んでいる作品なんですね!面白そう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次