MENU
\ ポイント最大11倍! /

クマとトラ漫画を無料で読めるサイト・アプリってある?【調査】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩んでいる人

クマとトラという漫画をSNSでよく見掛けるんですけど・・・
無料で読む方法があるでしょうか?

と、悩んでいる人にぴったりの記事となっています。

クマとトラとは、ある日転校してきた幼馴染・大熊アギトという大男と主人公が再会の中で互いに距離を縮めていく18禁漫画作品です。

有名な作者・愛沢アンジさんによる大人気女性向け作品のクマとトラですが、無料で読む方法は存在しているのでしょうか・・・?

そこで今回は「クマとトラ 漫画」の

・無料で読める方法はある?
・作品紹介
・口コミ

について詳しく調べました。

ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

サテラ

私もクマとトラ気になっていました!
お得に読めたらいいんですけど・・・・。

目次

クマとトラの漫画を無料では読めないけど安く読める方法がある

結論から先に言うと、クマとトラを無料で読む方法はありませんでした。

「え!?無料で読めないの!?」と残念に思う人もいると思います・・・。

試し読みで数ページ読めるサイトもありますが、全ページ無料というサイトは存在していませんでした。

しかし、無料とまではいかないですがお得に安く読む方法はありました。

ここでは、クマとトラを安く読む方法をお伝えしていきます。

DLsiteとは?

調査の結果、クマとトラはDLsiteで安く読めます。

DLsiteは1996年にサービスを開始した日本最大級の二次元コンテンツのダウンロード販売サービスです。

漫画やインディーゲーム、ボイスドラマ、ASMRなど、国内のクリエイターが手掛けた44万点(2021年10月末時点)を超える作品をダウンロード販売しています。

一般&成人向けの同人・商業作品や電子書籍を取り扱っています。

サービス名DLsite(DLサイト)
運営会社株式会社エイシス
料金0円~※商品により異なる
取り扱い商品数約100万点
取り扱い内容同人作品 , ゲーム , コミック , 音声 , ASMR

同人作品に特化しているDLsiteは、Pixivで見たことある超有名神絵師が描いた漫画も販売。

圧倒的画力で描かれた見どころ満載の作品や、人気作家による明媚なストーリーの作品など、乙女向け作品を楽しめるオタク向けのサイトです。

さらに純愛系からレ〇プ系BL作品から異種〇作品、ファンタジーものから現代社会ものまで幅広いジャンルがあります。

あなたの好みのシチュエーションが見つからないことはないので、ぜひチェックしてみてください。

会員登録方法

  1. トップページで新規登録
  2. メールアドレスを入力
  3. 届いたメールのURLを選択
  4. 必要情報を入力
  5. メールマガジンの要不要を選択
  6. 登録完了

DLsiteの会員登録は上記の手順で簡単に完了できます。

時間にすると1~2分でできますよ。

支払い方法

  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • ネットバンク 
  • 電子マネー

DLsiteで利用できる支払い方法は主上記の4つです。

あと払いで支払いたい方もいくつか決済方法をご用意しているので安心して支払えますよ。

その中でもおすすめなのはクレジット支払いです。

情報を登録しておけばその後スムーズに買い物ができるので、クレジットカードで支払うことをおすすめしています。

クーポン

DLsiteでは定期的にクーポン配布を行っています。

2023年4月現在では、シリーズにまとめて使える15%OFFクーポンを配布しています。

また新規会員登録すると300円OFFクーポンも配布しています。

利用方法は、公式ホームページからクーポンを獲得し購入する際にクーポンを使用するを選択するだけです。

あらかじめクーポンを獲得しておくとお得になるので、会員登録後はクーポンの確認することをおすすめします。

サテラ

意外に簡単に登録ができちゃうんですね!!

クマとトラ【作品紹介】

クマとトラは作者:愛沢アンジさんによる18禁作品です。

無愛想不良少年 × 幼馴染女子のカップルのお話で、コドモだった幼馴染が再会を通してオトナのケモノ同士になっていきます♡

タイトルクマとトラ〜体格差幼馴染のはじめてから、獣になる2日間まで〜
ジャンル不良 ヤンキー ラブラブ 筋肉
作者愛沢アンジ
配信日2021年11月26日
価格770円

<あらすじ>
小虎ミコは、子供の頃はやんちゃな少女であった。子供の時のミコには、大熊アギトという幼なじみで友達の少年がいた。ミコは、アギトをクマと呼び、アギトはミコをトラと呼ぶ仲良しであった。
クマはいじめられる気弱な少年であり、ある時左目に眼帯をつける大怪我をしていた。トラはクマをとても心配するが、クマは元々左目は見えないから大丈夫だと説明する。それを聞き、トラはそういう問題ではないと激怒する。
その後、クマはどこかに引っ越したのか、トラの前からいなくなった。
年月が流れて、トラは大人の体の女性になっていた。そんなトラの学校のクラスに、大熊アギトという男が転校してくる。トラはすぐにクマだと直感するが、顔も体格も昔とは随分違う。
だが、少ししてアギトはミコをトラと呼び、幼なじみの2人は再会した。
クマが子供の頃から好きだったトラは、逞しくなった彼に処〇を捧げたいと思うのだが…。

サテラ

クマとトラの体格差がすごいですね・・・!
体格差カップルが好きな人には最高ではないでしょうか!?

クマとトラ【口コミ】

祝!! 二作目!!!
前作の『コレ本当に初本?』なクオリティにマジ惚れしてたら今作ですよ(嬉)
速攻ポチらせて頂きましたさ!!
相変わらずのクオリティに加え、まるで私の好みを知っているかのような『幼馴染+体格差』!!
愛沢サマはマジ神ですか?!
こんな好みどストライクな作品はめっちゃ久々で、涙が出る程萌えました(馬鹿)

前作のピグマリオンも最高に性癖だったのですが、
今作のクマくん、全て好きでした。全て。
愛沢先生の筋肉の描き方、つよつよセ〇クスの描写、大好物です。体格差たまらなかったです。

作画レベルを逸している。クオリティ高すぎ。TL同人の中で今一番うまい人だと思う。
入院期間に執筆されたらしいので、ページ数の割にそれほど長期間で書いた訳ではなさそう。
絵も話も全て一級品で、綺麗な絵と愛のある話がすばらしすぎる。

皆さんもおっしゃっていますが、クオリティが高い。作画、ストーリー、エロ、すべてにおいて素晴らしい。
最近DLsiteの女性向け同人マンガのクオリティは全体的にすごいと思いますが、その中でも抜きん出ていると思います。ちょっと男性向けのような過激なエロさと、女性向けな心情描写を両立しているのが、本当に最高。

ページ数を見ないで読み始めて、「えっ、まだ続いてしまうの……?」「そんな所を掘り下げるのに、ちゃんとページ割いて下さるの??」と、一瞬手が止まる事しばしば。
最後は尊さとそれに負けないえっちシーンとシナリオのボリュームにノックアウトされました。
何かもう二人とも「漫画のキャラクター」というより「多少の知り合い」って感じさえします。

小さい頃はテディベアみたいにかわいい男の子だったのに、9年ぶりに会ったら獰猛なヒグマみたいな不良男子になってた………ってビビるよなー!かわいかったクマくんを返して!(笑)
でも脱がせたものを畳んだり有り合わせのものでご飯作ると宣言したり女子力高めでギャップ萌えさせてくるぞこいつ!ずるい!(笑)

お話は結構ずっしりありますが純愛で最高でした。
体格差萌えを一生患っているので今回もおいしく頂かせて貰いました。
スケベの山は2つあるんですが(?)二つ目の山がとんでもねえ~~~~!!!くらいスケベでした。
言葉攻めのうまさたるや…前作もそうですが一体どこでこんなスケベ語録を培ってこられたんでしょうか…勉強になります…

絵・内容共に満足の一品です。
肉体のバランスの描写と、行為の勢いの描写が素晴らしい。
何度も読み返していると、男性女性の身体をよく観察して描かれているんだな、と感心するようになりました。
内容は甘々と溺愛の間といったところでしょうか…
たぶん後々、溺愛してくれるんだろうな、という想像が膨らみます。

クマとトラを実際に読んだことのある人達の感想ですが「絵が上手い!」「最高!」という声が多く寄せられていました。

作者の愛沢アンジさんが入院中に描いたとされている作品ですが、クオリティが高過ぎて「もう同人の域を超えているのでは!?」と驚きの声もありました。

商業誌で販売していてもおかしくないレベルですよね。

悩んでいる人

幼なじみ同士の恋愛はかわいいですよね~!
小さい頃の2人もかわいい♡

まとめ:クマとトラ漫画はDLsiteで安く読める!

最終結論ですが、クマとトラはDLsiteで安く読むことができます!

無料で読む方法は残念ながらありませんでしたが、DLsiteでクーポンを利用すれば定価よりもより安くで購入することができますよ♪

DLsiteはいたって簡単に支払いや会員登録ができるので、興味がある人はすぐにチェックしてみてください。

悩んでいる人

口コミの評価が高い作品だということもわかりました!
絶対に読んでみたいです♡

サテラ

5月8日13時59分まで半額キャンペーンが行われているようですよ!
忘れない内にDLsiteでクマとトラを購入してみてくださいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次