MENU
【話題の】PayPayポイントを貯めて漫画を安く読む方法→軽く4000円は貯まる

ちいかわモモンガ性格はどんな性格してる?【可愛いけどクセが強い】

当ページのリンクには広告が含まれています。
悩んでいる人

ちいかわって面白いですよね!
作品の中に登場するモモンガもかわいいですが、どんな性格をしているのでしょうか?

と、疑問に思っている人にぴったりの内容となっています。

ちいかわとは、【なんか小さくてかわいいやつ】通称・ちいかわたちが送る、楽しくてちょっぴり切ない物語です。

時には辛いことで泣いちゃうけれど、ちいかわの周りにはやさしい友達がたくさん!

サテラ

グッズ展開もアニメ放送も大好評ですよね!

作中に登場をするモモンガはとってもかわいい見た目で「モモンガ好き♥」とハマる人はたくさんいると思います。

結論から先に言うと、ちいかわのモモンガの性格はとてもクセが強いです!

そこで今回は、ちいかわのモモンガについて

・性格は?
・性格を深堀り
・性格に変化?

を詳しく調べたので最後まで読んで下さいね。

悩んでいる人

モモンガめっちゃかわいいですよね!
どんな性格なのでしょうか?

目次

ちいかわのモモンガの性格とは?

まず始めに、モモンガのプロフィールを見ていきましょう。

名前モモンガ
モチーフ動物のモモンガ
好物なんでも食べる
(食に貪欲)
口癖「~してみろッ」
「み~て~」
「イ~ヤ~ヤダヤダ」
特徴・大きな丸い瞳
・ふさふさの尻尾
・眉間にシワを少し寄せている

主人公・ちいかわの顔見知りのちいかわ族のキャラクターです。

見た目は動物のモモンガを模していて、小動物らしい愛くるしさがあります。

サテラ

大きな瞳にふさふさしたしっぼが特徴のキャラクターですね♪

見た目は可愛いのに性格はワガママ?

しかし、モモンガはそのかわいい見た目に反してクセが強いです(笑)

性格はワガママで自己中心的で横暴。

常に命令口調で話していて、気に入らないことがあれば怒鳴ったり意地悪をするような傍若無人ぶりを発揮しています。

ちいかわをはじめとする、ちいかわ族の基本的な性格・・・素直で穏やかで優しい一面はなく異端な雰囲気を出していますよね。

サテラ

かわいい見た目に反して女王様のような振る舞い・・・ギャップ萌えといったところでしょうか?(笑)

かわいいだけじゃない、意外な一面も?

実はモモンガはちいかわ族ではなく、デカツヨ(=なんかでかくてつよいやつ)と中身が入れ替わっているんです!

初登場シーンでは路地裏から出てきたところちいかわにぶつかるやいなや謝ることもせず「やったぞ・・・」と呟く様子から、なんらかの理由でちいかわ族のモモンガと入れ替わってしまったのでしょう。

中身がデカツヨだときくと、なぜあんなにワガママなのかがわかりますよね。

デカツヨ(中身はモモンガ)は「返せ!」とモモンガを追いかけますが、「イ~ヤ~ヤダヤダ」と逃げてしまいます。

さすがに、なにも分からずに体を入れ替えられたら嫌ですよね・・・流れ星を見て涙を流すデカツヨ(中身はモモンガ)がとても不憫に感じます。

また暴君と化しているモモンガは一度、痛い目に遭っています。

森に生えていたキノコを食べたことが原因で、監獄に収容され丸焼きにされかけたことがあるのです(笑)

監獄では牢屋越しにハンバーガーを食べるところを見せつけられたりUNOでいじめられたりと・・・普段やりたい放題のモモンガがいじめられているのがなんとも面白いと評判。

UNOでいじめられるのは地味につらいですね・・・。

サテラ

いつもは好き勝手にやり放題のモモンガも、やられる側になるのは意外ですね(笑)

ちいかわのモモンガの性格を深掘り!

ここでは、ちいかわのモモンガの性格を深堀りしていきましょう!

モモンガについて新たな発見があるかも!?

かまってちゃんな性格

モモンガは自分がちいかわ族になれたのをいいことに、かわいこぶりっこをしまくります。

特に鎧さんに対してかまってちゃんで、「つつんでみろッ」「叱ってみろッ」など言いたい放題(笑)

鎧さんは優しいのでモモンガの無理難題な要望も叶えてくれます。

命令口調でかまってちゃんなのは、バランス悪くてかわいいです。

サテラ

モモンガと鎧さんとのコンビ(?)が微笑ましくて好きです!!

自己中心的で自分勝手な性格

とにかくモモンガの最大の魅力というか、最大の欠点というか・・・自己中心的で自分勝手な性格が特徴ですよね。

常に自分に非があっても謝らないし、人の食べ物は勝手に奪うしで好き勝手し放題です。

このちいかわ族に似つかわしくない行動や言動に中には「モモンガうざい」「ムカつく」というネガティブな意見もありますが、見た目と中身のギャップに好きになってしまう人がたくさんいますよ!

悩んでいる人

ぶつかっても泥をつけても謝らないモモンガ・・・。偉そうですね(笑)

野性的な一面も?

一度、モモンガはちいかわを頭から噛んだことがあります。

なぜ噛んだかというと、デカツヨ時代の名残りからだと言われています。

噛まれたちいかわはすごくビックリしていましたよね(笑)

歯形がつくくらいに勢いよく噛んだので、本当に食べるつもりだったのでしょうか・・・。

デカツヨ時代の名ごちなのでしょうか・・・ちいかわにかじりつくのは若干ホラー展開な気がします・・・。

ちいかわのモモンガの性格の変化?

ここでは、ちいかわのモモンガの性格の変化を見ていきましょう。

傍若無人で王様気質なモモンガにどんな変化がみられたのでしょうか?

ちいかわやうさぎとの関係で変化

モモンガは物語が進んでいくにつれ、少しずつではあるものの成長していきます。

労働で稼いだお金で食べるご飯の「うまみを教えてくれたのは、ちいかわろハチワレでした。

夜の討伐を終えて朝定食を3人で食べていた時、ちいかわとハチワレが楽しそうに話をしながら食事をしている背後から朝日が昇ります。

この光景を見て「眩しいッ」と呟くモモンガ。

朝日が眩しかったのか、ちいかわとハチワレの友情が眩しかったのか・・・はたまた両方の意味があったのかは明言されていませんがモモンガの中で「友情とはなんなのか」が分かったのかもしれませんね。

一生懸命体を動かした後のご飯は本当においしいですよね!

サテラ

ちいかわたちに関わっていく中で友情を知っていくなんて・・・にくい演出ですね!

唯一の友達・かにちゃんの存在で変化

ちいかわのかにちゃんとは、元々は古本屋をしていた本好きのモブでした。

鎧さん手作りのカニのカチューシャをモモンガにつけてもらったことで、ピンクの色がつき表情も出たかわいいキャラクターです。

モモンガとの交流をしていくうちに、モモンガのお母さん?みたいに世話を焼くようになり行動を共にすようになりました。

島編でもモモンガと一緒に活躍をしていましたよね。

かにちゃんの性格は基本的に優しくて穏やか、少し臆病な面もありますがお茶目なところもあります。

しかし、モモンガを肯定するだけではなく時にはモモンガの犯した過ちについて真剣に怒ってくれます。

「モモンガとかにちゃんの関係性が好き」「ズッ友でいてほしい」などの声が読者から上がるほど、ニコイチで人気です。

サテラ

一見、自分勝手なモモンガに振り回されているかのように見えますが・・・しっかりとモモンガを怒ったり止めたりと大活躍ですね!

成長するにつれて変化?

モモンガがふりかけのかかったご飯を食べた時、2種のクリームの沸きドコロで食べ物を堪能する時に変化が起きました。

ご飯が湧いてくる場所に来たモモンガは、ふりかけ付きのご飯を見つけて頬張ると、美味しそうな表情を見せています。

自分が自然にかわいい仕草ができたと振り返っていました。

「ハフムシャ」するかわいい表情がたまりませんね。

また2種のクリームの沸きドコロで食べ物を堪能する時、クリームの海に体ごと埋まり「あまッ」とクリームを頬張る姿は自然な笑顔でかわいかったです。

これにはかにちゃん(と思われるモブ)も拍手を送っていましたよね。

サテラ

自然にかわいいを出せるようになってきたモモンガ・・・。
あざといぶりっこもいいですが、自然に出た笑顔が本当にかわいいですね!

まとめ:ちいかわのモモンガはなんだかんだ憎めない存在!

最終結論ですが、ちいかわのモモンガはなんだかんだ憎めない存在だと言えます!

ちいかわのモモンガは、見た目はちいかわ達と同じでかわいい仕草を見せるシーンもありますが性格はとにかく自己中心的でワガママ大王です。

その理由は、デカツヨと中身が入れ替わっているからではないかと考察されており、戻る手段もモモンガによって破壊されました。

ちいかわ族に憧れていたモモンガ。

憧れの対象に入れ替われて嬉しいのか、いつもかわいこぶりっこをしていますが時には自然なかわいい笑顔を浮かべることもあります。

またちいかわたちや、友達・かにちゃんの存在がモモンガを成長させているのは間違いありません。

特にかにちゃんはモモンガを仲の良い友達として認識していて、手料理を振る舞ったり一緒に討伐に行ったり・・・時にはモモンガの過ちを怒ったりと着実に友情をはぐくんでいます。

悩んでいる人

モモンガのこれからの成長がとても楽しみですね!

島編でも大活躍をしたモモンガ。

今後、デカツヨとまた魂が入れ替わることがあるのか・・・どんな展開が待ち受けているのか分かりませんが、まだまだワガママっぷりを発揮して欲しいところですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次